ホホバオイル 頭皮クレンジング

ホホバオイルの頭皮クレンジング

薄毛になる原因に頭皮の毛穴つまりがあります。毛穴の内部からにじみ出てきた皮脂が固まり、角栓となって毛穴を防いでしまいます。そうなると、髪の毛の成長が角栓に邪魔されてうまくいかず、薄毛になってしまうと言うわけです。鼻などに出来る角栓と同じようなものです。

 

 

角栓を取るのに有効なのがオイルを使った頭皮マッサージです。角栓はオイルでマッサージするとするりと取れます。それを洗髪の前に取り入れれば、シャンプー時に汚れと角栓を一緒に落とすことができます。

 

 

ホホバオイルの頭皮マッサージのやり方

 

  1. 洗髪する30分くらい前に、ホホバオイルを頭皮になじませて揉み込むようにマッサージします。特に角栓がありそうな場所、薄くて気になる場所は丁寧に。
  2.  

  3. マッサージ後は蒸しタオルで毛穴を開かせるようにすると効果がアップ。冬場は気温も低いので必須です。
  4.  

  5. シャンプーは丁寧に行い、すすぎは特に念入りに行いましょう。シャワーを数分当てておくような流し方が理想です。
  6.  

  7. リンスやトリートメント、コンディショナーは普段から頭皮につかないように使います。ヘアスタイリング剤も同様です。
  8.  

  9. 育毛剤などを使うときは、髪を乾かしああとにします。角栓が取れた頭皮につければ有効成分が浸透しやすく効果がアップします。

 

ホホバオイルの頭皮マッサージは、毛穴に詰まった角栓を除去し、毛髪の成長を妨げないこと。また、その後に使う育毛剤の効果を高めることが目的です。ホホバオイル自体に発毛効果はありませんが、美容効果の高いオイル故のメリットも有ります。


ホホバオイルでなくてはいけないの?

頭皮マッサージはホホバオイルじゃなくてもできます。

 

オリーブオイルや椿油、ベビーオイルなどでも大丈夫です。肌質に合う合わないや好み、アレルギーなどもあるので自分にあったものを選ぶのが大切です。

 

 

ホホバオイルをすすめるのはなぜ?

ホホバオイルには他のオイルよりも優れている部分があります。ホホバオイルには「ワックスエステル」という成分が他の植物よりも多量に含まれています。「ワックスエステル」というのは、本来人間の肌に含まれている成分で、特に角質層には20〜30%も存在します。

 

ワックスエステルは、肌の表面を保護し、内部の水分を逃さない保湿機能があります。乾燥した大地に育つホホバが実を守るために生み出している成分です。ワックスエステルをここまでたくさん含んでいる植物はホホバ以外にありません。

 

このような理由で、美容効果も高く肌を守る効果のあるホホバオイルは、スキンケア・ヘアケア用品に多用されていると言えます。